ランニングシューズの選び方と厳選おすすめシューズ

ランニングシューズの選び方と厳選おすすめシューズ

ランニングシューズはそもそも必要?

健康やストレス解消のためにランニングやジョギングをはじめる方が増えています。
これから走り始めようとしたとき、まず気にするアイテムといえばランニングシューズですよね。
国産の有名ブランドのアシックスやミズノやアディダス、海外ブランドのニューバランスやナイキあたりはメジャーでありとても人気があります。
最近のシューズは機能面だけじゃなく、メンズレディースともにおしゃれなデザインが多いのでどれを選んだらいいのか分からなくなってしまうと思います。
しかし、「そもそもランニングシューズは絶対必要なものなの?」というのは気になるポイントですよね。

 

スポンサードリンク

 

結論からいえば、スニーカーや運動靴があればランニングはできちゃいます。
ランニングシューズは左右への動きを抑えて、まっすぐ走りやすいように設計されたシューズです。バスケットボールといったスポーツとは違い左右へ俊敏に動く必要がないので、左右を安定させてそのエネルギーを前に持っていきやすく、また足を保護するための機能もあります。
そのため長く走ったり、ランニングを習慣づけたい場合はランニングシューズを履くのが理想です。
自分のランニングシューズがあれば、走るモチベーションが上がったりもします。
こちらではそんなランニングシューズの選び方と、おすすめシューズをご紹介します。

自分の足のタイプとサイズを知る

足の形には、親指が一番長い「エジプト型」、人指し指が一番長い「ギリシャ型」、親指と人指し指が同じ長さの「スクエア型」の3種類があります。
日本人だとエジプト型が一番多くて約7割の人がこれにあたります。先端に遊びがあるシューズがいいでしょう。
次に多いのがギリシャ型で2割。こちらの型はどんなシューズでも合うので、ある意味ラッキーともいえるかもしれません。
一番少ないのがスクエア型で約1割。横に広いので、シューズの幅に気を付けてください。
また靴のサイズは日頃、足の長さしか注意してないかもしれませんが、ランニングシューズ選びには足囲(ウィズ)も重要です。
足囲は親指から足をくるりとメジャーで一周させた長さ。左右で違うことも多いので両方で測りましょう。

 

シューズのタイプで選ぶ

ランニングシューズの種類は大きく分けて、クッション型、トレーニング型、レース型の3種類があります。
まずはクッション性を確かめましょう。
初心者の方は筋肉量があまりないので、膝やかかとを守るためにクッション性が高いシューズがおすすめです。
ただしクッション性が高いと、シューズの重量がかさみます。
ですから経験値を上げながら、筋肉量やランニング技術の向上に従ってソール部分が薄いトレーニング型にシフトしていくのもいいでしょう。さらに自信が付いたらレースでタイムを出せるような軽いレース型にチャレンジする。こういった順番です。
それからフィット感も大事で、大き過ぎるのも小さいサイズもダメです。始めのうちは適度なサイズが分からないかもしれませんので、専門店の店員さんに相談すると良いでしょう。
ピッタリとしたシューズを選ぶ事によって靴擦れが生じにくく、走り疲れも軽減できるなどのメリットがあるのです。
また靴の中が蒸れない構造のモノが良いでしょう。
長距離を走る時は大量の汗をかきます。足が濡れていると何かとトラブルのもとになってしまいます。

 

スポンサードリンク

 

おすすめのランニングシューズ

おすすめのランニングシューズをいくつか厳選してご紹介します。
ちなみに初心者は日本人の足にあった「アシックス」「ミズノ」「ニューバランス」から選ぶといいという説がありますが、好みの部分でもあります。

 

初心者向けランニングシューズ

アディダスresponse boost

耐久性に優れていて、とにかくタフに使い込めるランニングシューズとしておすすめです。
縫製がしっかりとしていて、型崩れがしにくいメリットがあります。それに優れた耐熱・耐寒性で、しかもソールのクッション性が高いので走り疲れをカバーしてくれます。
メーカーでは、『500km走ってもくたびれないブーストフォーム』を謳っていて、クッションの消耗から生じるケガや事故を防ぎ、安全性の高いランニングをサポートしてくれます。正にビギナー向けの一足だと言えるでしょう。ちなみに定価は6000円台からのラインナップです。

 

ニューバランスM1040

同じくタフなランニングシューズとしてビギナーにおすすめです。
ロード密着度が高く、ブレずに安定した走りが得られる一足です。
そのパフォーマンスが評価されて、よくウルトラマラソンでも選ばれています。
その理由は足裏がワイドなデザインになっていて、路面との接地面積を大きく取ってあるからです。
これがブレのない走りを実現しています。
また分厚いクッション・ヒールでかかとや足首を守りますから、長距離向け・ビギナー向けだと言えるでしょう。

 

中〜上級者向けランニングシューズ

ナイキ エアズームスピードライト

定価は8000円弱、セールであれば6000円前後でも購入可能です。
このシューズは高い反発力で走破性がアップします。また超薄型軽量で羽が生えた様な軽い走行が人気の商品です。
高い走破性能は突起素材のアウトソールが秘密で、ガッチリと地面をとらえてキック力が増しているからです。
ズームエアユニット技術を採用したファイロン素材のミッドソールが超薄型軽量化を実現していて、衝撃の吸収力も抜群です。
また通気性の良いメッシュ地で足蒸れが起きにくくなっているので、スピードを出して長距離を走りたいランナー向きのブランドだと言えるでしょう。

 

アシックスTARTHERZEAL4

こちらは超軽量でスピード重視の本格派ランナー向けのブランドです。
つま先部分には軽さとグリップ性に富んだデュオソールが使用されていて、ブレにくい走行性能を発揮しています。
またかかとがしっかりホールドされる設計ですから、かかとやアキレス腱部分のズレが起きにくいメリットがあります。

 

ミズノWAVE UNITUS・DC

こちらはミズノウェーブが着地時の衝撃を確実に吸収・緩和してくれる優れたパフォーマンスを発揮する一足です。
ですがソールの厚みを極力抑えたタイプで、軽量化にシフトしたタイプになっています。
また高耐摩耗のラバーが耐久性をアップさせていますから、ハードなランニングにも十分耐えられるでしょう。
滑らかな走りを実現させたスムーズライドも搭載して、高パフォーマンスでリーズナブルなモデルです。

 

 

この様に人気のランニングシューズが多数提供されています。もちろん他にも優れたブランドはたくさんありますので、実際にスポーツ専門店へ行き、試履きをしながら比べてみてください。

 

スポンサードリンク