ランニングシューズのお手入れ&メンテナンスの方法|正しい洗い方

スポンサードリンク

ランニングシューズのお手入れ&メンテナンスの方法|正しい洗い方

ランニングを補助してくれるランニングシューズですが、使っていくうちに汗や泥で汚れてきます。
定期的にお手入れをすることで清潔に長く使い続けることができるので、是非正しいお手入れ&メンテナンスのやり方を覚えておきましょう。

 

@中敷き、靴紐を全て外す

ます中敷きと靴紐は取り外します。靴紐は洗濯機で洗えばキレイになります。
中敷きもキャンバスもしくはメッシュ生地なら、そのまま洗濯機で洗って大丈夫です。
中敷きを外したら、靴の中の砂や小石を落とします。

 

スポンサードリンク

 

A靴底を石鹸&ブラシで洗う

靴底、アウトソールは石鹸&靴底用の固いブラシでゴシゴシと洗います。
これで溝に入った汚れも落とせます。

 

Bアッパー部分は優しく手洗いor歯ブラシで

アッパー部分(足の甲の部分)は、メッシュになっていることが多いので痛みやすいです。
まずは洗面器やバケツにお湯をはって、シューズ全体を浸します。(水よりお湯の方が汚れが落ちやすいです)
次に石鹸を塗り込んで、優しく手で揉み洗いします。もしくは柔らかい歯ブラシで優しく洗います。
シューズ用の専用石鹸を使うとなお汚れが落ちやすいです。
バンパー、フィルム、ヒール、ミッドソール部分にガンコ汚れがある場合は、メラミンスポンジで落とすのもおすすめ。

 

C汚れを洗い流して、乾かして完了

浮き出た汚れを水やお湯で洗い流します。
そのままだとシューズはびしょびしょなので、タオルで水気を取ります。
その後は、靴用の乾燥ドライヤーがあればそれで乾かせばOK。(※ソールのクッション部分などは熱に弱いので、乾燥機や普通のドライヤーの使用はNGです。)
靴用ドライヤーがない場合は靴の中に新聞紙を入れて、風通しの良い日陰で乾かしましょう。

 

まとめ

ランニングシューズのお手入れで大事なポイントは、なるべく優しく洗ってあげること。
汚れがひどいまま、下駄箱に入れたり袋に入れたままにすると傷みやすくなりますので、日頃から土汚れを軽く払ったあとは風通しのよい日陰でしっかり乾燥させましよう。
初心者のうちからランニングシューズのお手入れに慣れておくと、楽しく気持ち良くランニングが続けられます。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


ランニングシューズのお手入れ&メンテナンスの方法|正しい洗い方関連ページ

ヒモの通し方
シューズの役割を知ろう
パーツの名前